HOME>イチオシ情報>借金の金額が5分の1になるメリットが大きい
男性弁護士

借金返済が行き詰った時の対策方法のひとつ

借金の返済がままならなくなり、借金を法に従い整理してもらうことになった時、考えられる方法に任意整理・個人再生・自己破産などがあります。任意整理とはお金を借りている業者と交渉することで、借金額の全体を減らし月々の返済額を少なくさせる方法で、個人再生は裁判所に申し立てる必要があり、債務者と債権者から意見を聞くことで再生計画を立て、原則3年もしくは5年で返済する方法です。自己破産は裁判所から免責許可を受けることで借金がゼロになりますが、失うものも多くなってしまうことになります。この中で名古屋で行う個人再生を行うメリットとして、借金が5分の1になると言うことがあります。またマイホームなどを手放す必要もなく、生活に大きな影響を及ぼすことにもなりません。自己破産をした場合ではマイホームなどを手放す必要があり、かなり有利な条件となっています。

弁護士への依頼でスムーズに運ぶ

個人再生をする場合裁判所をとおすことになることから、個人で行うことは非常に難しくなり、弁護士に仕事を依頼することがベストな選択になります。法律相談を受け個人再生を行うと決めた時には、弁護士との間に委任契約を結ぶことになります。弁護士に依頼したことで、督促と言った件は全て止まることになり、その後は弁護士に全てを任します。但し名古屋で行う個人再生では、反復した収入とか継続した収入があることが条件で、再生計画に基づく弁済額を支払うだけの金額が必要になります。そのため収入証明や家計簿の提出が求められたり、財産や資産状況も調べられたりします。個人再生の申し立てをしてから再生計画認可までは、おおよそ25週間が標準的なケースとなっていることから、この期間中に手続きが進行して行くことになっています。